読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒武者因幡の「歴史に鑑みて」

新潟在住の歴史ライター黒武者因幡が、時事問題を歴史に鑑みて感想を述べるブログです。

年末調整をなくしませんか

時期は少し早いけど、年末調整はなくした方が絶対によいと思ってます。

 

年末調整は、給与所得者・いわゆる公務員やサラリーマンの納税方法です。年末になると、紙が配られて必要事項と家族構成や生年月日、あとは保険会社から送られる証明書を貼っておしまいという方が多いと思います。そして、12月か1月の給料で還付されたの多くとられたなどの話になるのが常です。

実際に税金がどう引かれているのか、どのように計算されるのかは知らない人がほとんどのはずです。これこそが日本を悪くする諸悪の根源だといえば言い過ぎでしょうか。

 

古来より政治で最も大事なのが税金をいかに徴収するかでした。間違えれば、一揆や反乱の素になる。しかし、甘やかせば国家運営に支障を来すので権力者や政府は気を遣ったのです。アメリカの独立戦争は不当に高い関税を茶にかけた本国英国に対する怒りが発端となったボストン茶会事件がきっかけで起こったのです。

 

日本でも年貢の過酷な取り立てに反発する農民たちに浪人衆・さらにはキリシタンが協力する形で天草の乱がおこっています。

 

今でも新税に対して反発すれば、先進国でも暴動がおこります。

 

しかし、現代日本では税金を下にした暴動はおろかデモも珍しいのが実情です。

※別に起こせというわけではありません。念のため。

それは全て税金に関心がないからだと思うのです。しかも、年末に還付されるからお得じゃんということで納税額に対しての感覚がマヒしているからです。

 

年末調整はそもそも太平洋戦争の戦費調達のために考案されたのです。

男性が戦地に送られる中、確定申告する人も徴税官も少なくてすむように「臨時」で会社の担当者が社員個人の代理として税金を計算して納税する仕組みを導入したのです。

 

しかし、これは税務署にとっても楽な制度ですので今日まで温存されているのです。

 

この年末調整の副作用として、日本の給与所得者は税金に対する感覚が鈍いままなのです。為政者にとって、これほど都合のよい存在はありません。おかげでサラリーマンが税制上の対象として狙い撃ちされるのです。

 

今、配偶者控除の廃止の議論がされています。既に年少扶養の控除は廃止されています。火災保険控除は廃止され、地震保険控除に変わりました。生命保険控除の枠は縮小され、個人年金保険の控除が新設されています。さらに、酒税も第三のビールの成功を睨んで、第三のビールの税率を上げる一方で、従来のビールの税率を下げるとの議論があります。価格差は詰まりますが、お金の節約のために発泡酒第三のビールを飲むのであって、ビールの価格が多少下がっても、全体の値段はまだ第三のビールの方が安いわけです。そのため、第三のビールの方が売れる流れは変わらないでしょう。実質増税のわけです。

 

しかし、実際にそんなことはメディアはあまり報じません。なぜなら、メディアの人間もほとんどがサラリーマンだからです。しかも恵まれた層の人です。多少の税金のアップなど気にしないのでしょう。ゆえに、新聞テレビは税金の話に鈍感なのです。

 

政治に関心をもつには、税金に関心をもつことが重要です。

日本を改革するには、まず年末調整を廃止することだと思っています。

私はピエロになる

地域活性化って何だろう。

そう考えさせられました。正直、漫画だと思ってなめてました。

「地方は活性化するか否か」(こばやしたけし著 学研プラス)を読んでみました。

なかなか考えさせられる内容です。

1つの活性化事業の失敗を巡って、それぞれの責任を明確に指摘しています。

作りっぱなしの行政

頼りっぱなしの民業

関心なしの市民

どれも地域活性化に必要な主役です。しかし、その主役が相互に依存し続けている。

これが、地方活性化がうまくいかない要因として挙げられています。

 

しかし、ここで諦めない人が必要とされます。楽しみながら盛り上げていける人物・いうなればピエロが必要だと。

まじめなテーマであればこそ、世間の耳目を集める、そして重々しくならない存在が必要だと感じます。そうした存在を馬鹿にする人もいるでしょう。軽んじる人もいるでしょう。しかし、ピエロはわかっていておどけるのです。

 

ピエロのメイクは涙を描きますが、その由来を知っていますか。

ピエロはいつも馬鹿にされ、それでも人々に笑いを提供していました。

しかし、ピエロもやはり一人の男。恋もします。ピエロはある女性に恋をします。その女性を笑顔にすることが生きがいになりました。

ある日、ピエロはその女性に呼び出されます。もしや……という淡い期待を抱いて出向くと、その女性からある男性を好きになったけれど、どうすれば想いを伝えることができるかという相談を受けました。残酷な話です。ピエロは悩みます。その女性を想っていることは誰にも負けない自信がありました。しかし、もし自分の想いを伝えれば、女性は困るかも知れない。それでは、思う人を笑顔にすることはできない。ピエロは決断し、女性に向かって「自分に任せてほしい」と話します。

 

数日後、ピエロはパーティーの席で女性が想う男性の手をとって、自分が想う女性のもとに連れて行きました。女性は今までで最高の笑顔を見せました。ピエロは、自分が想う人を最高の笑顔にしたのです。

 

翌日以降も、ピエロはおどけて皆を笑わせ続けました。しかし、変わった部分が1つありました。メイクをする際に、ピエロは涙を描くようになったのです。

 

前置きが長くなりました。私も新潟の活性化のためにピエロ役を務める覚悟を決めました。

9月25日(日)16時~ 古町のゲストハウス「人参」さんと一緒に新潟古町界隈に史跡や神社などを巡る町ガイドを行います。

私は甲冑武者となって、白山神社や西堀通りなどを巡ります。

自分が好きなことで注目を集めて、それが新潟が注目を集める一助になり、地域活性化につながればと思います。

広島への原爆投下

1945年8月6日午前8時15分

これは日本人にとって忘れてはならない日時・時刻です。

アメリカの爆撃機エノラ・ゲイによって広島に史上初の原子爆弾が投下されました。

爆心地で発生した気圧は数十万気圧に達し、秒速440メートルの爆風を発生させました。音速が秒速350メートルです。この爆風によって、多くの建物が崩壊しました。

 

爆心地には火球が発生、その熱量は5.3兆カロリーと推計されています。爆心地付近の温度は3000℃~6000℃に達したとされます。この熱は、爆心地の人を形もなく溶かし、木造家屋は自然発火するほどでした。

 

また、核分裂反応でアルファ線ベータ線ガンマ線中性子線が発生、、地表には透過力の強いガンマ線中性子線が到達しました。爆心地の地表に到達した放射線は、1平方センチあたり高速中性子が1兆2千億個、熱中性子が9兆個と推定されています。

 

犠牲者は9万人から14万人と推計されています。

 

この原爆は、もともとナチス・ドイツが開発計画を進めました。この計画が実現されたら大変なことになると危機感を感じたユダヤ人科学者・物理学者らが当時のアメリカ大統領ルーズベルトに働きかけたのがアメリカが原爆製造に手を付けるきっかけでした。

この中にはアインシュタインも加わっています。

 

ドイツは戦局を一気に有利にもっていく切り札として原爆を考えていました。ドイツには当時Ⅴ2号というミサイルがありました。この先端に核爆弾を搭載したら、いまでいう核弾頭ミサイルをヨーロッパ各国に使用できるのです。

 

しかし、多大な費用と時間がかかるこの計画にヒトラーは関心持たなかったのです。また、原爆開発に関わった物理学者ハイゼンベルグは、意図的にサボタージュして開発を遅らせました。

 

一方、アメリカはドイツの科学力を恐れ、計画を進めます。そして、ドイツ降伏後に原爆が完成したのです。広島に原爆が投下される20日前のことでした。

 

この段階でドイツに対抗するために原爆を作るという開発者たちにとっての原爆を投下する理由は無くなっています。しかし、政治家にとって投下する理由はあったのです。

それはソ連の存在でした。密約によって、ソ連がドイツ降伏の3か月後に2本との不可侵条約を破って参戦するということが決まっていました。そして、日本はこの事実を知らず、ソ連を通じて終戦の術を模索していました。日本は手の内を全て読まれていたのです。アメリカは終戦後の最大のライバルはソ連になると認識していました。また、日本がどうしても連合国に守ってほしい条件を認めればすぐにも終戦するのはわかっていました。ただ、どうしても対ソ連で優位に立ちたいという想いでトルーマンは原爆を使用したのです。政治的な思惑の引き換えに広島・長崎に20万人以上の犠牲を強いたのです。

 

政治に翻弄されると、多大な犠牲者が出ます。原爆もその一例です。こうした悲劇を避けには、一人一人が真剣に国の行く末を、そして今の平和が築かれるために犠牲になった方々のことを考えることが必要です。国家が誤った方向に行かないように8月はちょっと立ち止まって考えませんか。

安部改造内閣のアキレス腱

第3次安部改造内閣が発足しました。

顔ぶれを見ていると、結構前回の安部さんが最初に総理なった時に大臣や副大臣に起用された方が多く、側近で固めたのだなという気がしました。いよいよ安部さんが本格的に政策を実行に移していこうという本気度が感じられます。

 

ただ、気になったのは、起用された方の中に過去ファミリー企業をめぐって不正な支出ではないかと噂された方も入っています。

 

シーメンス事件や昭電疑獄などのような大きな話ではないですが、安部さんの最初の内閣はスキャンダルまみれになった過去もありますので、アキレス腱にならねばいいなあと感じました。

優生思想の亡霊から逃げろ!

相模原市福祉施設で元職員の男が入所者19人殺害した事件が、連日報道されています。この容疑者の男が「ナチスの思想に染まった」旨を供述しているようですね。

 

この「ナチスの思想」ですが、いわゆる優生思想です。劣った者には価値がないとして処刑していったナチスの行為を正しいと感じて犯行に及んだとされていますね。今の段階では。まあ、この後にいろいろ状況がわかってきくるとは思いますが。

 

この優生思想ですが、残念ながら人間から排除することは極めて困難です。

優生思想の表裏の関係にあるのは、差別意識です。そもそもナチスの語る優生思想は、アメリカに単を発しています。移民国家であったアメリカで、白人優位の偏った思想を権威づけるために唱えられたのが優生思想です。優れた者と劣った者を分け、劣った者は優れた者の支配を受け入れるべしという独善的な考えから出発しています。

 

これがドイツに渡って、第一次大戦の敗戦に喘ぐドイツに広まったのです。ナチスドイツの優生思想によって、障害者は劣った存在とされました。そして、今度は人種論に結びつきユダヤ人虐殺に結びついたのです。そして、恐るべきは、ナチスのユダヤ人への迫害を英米仏なども最初は特に非難していません。そこには、ユダヤ人はキリストを殺した連中という宗教的嫌悪感がありました。ゆえに、ユダヤ人弾圧をするドイツを最初は特に問題視しなかったのです。ただ、第二次大戦後、アウシュビッツベルゲン・ベルゼンなど収容所の惨劇が明らかになると、欧米は戦慄しました。『我らの心にある差別意識の先にある者は、人間性の崩壊と絶望だ』と悟ったのです。

 

以後、欧米では自分の心にある差別意識を封印すべく、ナチスを徹底的に封印します。欧米人は自らの心にある疚しさを封印したのです。

 

この亡霊は、今世界の至るところで出現しています。日本でもヘイトスピーチが問題になっています。

優生思想に興味を抱く人がいるなら、この問いを自らに突き付けてほしいです。

あなたは人の幸せを決めつけ、人の価値を決めけらるほど傲慢な人物なのか

自分の幸せを、自分の価値を他人に決めつけられる社会が望みなのか。

もし何者かに貴方が不要とされた場合、死を受け入れるのか

 

日本人は、多くのユダヤ人を助けました。シベリアポーランド孤児を助けました。弱い立場の人を命がけで助けきたのです。日本人は決して弱い人々を蔑み、迫害する人々ではありません。怯まず、優しい日本人であり続けましょう。